沖縄の人気ホテル

沖縄に行こう

サイトのご案内

忙しい日常を忘れてのんびりと過ごしたい!」という方にぴったりの沖縄♪このサイトでは沖縄大好き!って人も、これから沖縄に行ってみたい!って人にも役立つ、沖縄のホテルを中心とした沖縄の情報をお伝えします(*^ω^*)

夏に行く沖縄

常夏なイメージの強い沖縄。実は冬には最低気温が15度を切ることも珍しくないんです。九州以北の冬に比べれば暖かいことは事実ですが、いくら沖縄でもその時期に海水浴をするのはやっぱり無理です(><)「海を楽しめない旅行はちょっと・・・」と思われる方はやはり冬に沖縄旅行をするのはやめ、5月~10月の間に沖縄を訪れることをお勧めします。もちろん、冬の沖縄でもおいしい沖縄料理やのんびりとした沖縄の雰囲気は十分味わえますので、海以外の楽しみはたくさんありますよ(*^_^*)

夏に行く沖縄の楽しみ方

沖縄の夏、気温で判断できないのが日差しです。沖縄の日差しはとにかく強くて「痛い」と感じるほどですヽ(´Д`;)ノ日焼け止めを忘れると大変なことになります(汗)海水浴で日焼け止めを忘れると人によっては火傷や水ぶくれの症状が出てしまいます。楽しい思い出が半減しないためにも強い日差しから身を守る日焼け止め、サングラス、帽子などは必ず持ちましょう。車に乗っているだけで日焼けするので車移動が多くても日焼け止め対策をおすすめします!

冬に行く沖縄

真夏に比べると、気温や紫外線も和らぎ、過ごしやすくなる9月~の沖縄。この時季は、観光にもぴったりです。亜熱帯気候の沖縄ならではの自然を体感したり、緑に囲まれながら、少し涼しくなった沖縄を楽しめます(´∀`)ピーク時のお盆の時期に比べると人が少なく、9月に入ると島全体が落ち着いた雰囲気に。10月でも海水浴を楽しめる沖縄の、ゆったりとしたムードのビーチで潮風を感じることができますし、穏やかで自由な時間を満喫できる「やさしい夏」がそこにはあります(^-^)

冬に行く沖縄の楽しみ方

冬ならではの沖縄の楽しみ方のひとつがゴルフです♪関東では寒さの厳しい冬の時期にゴルフを楽しむ人はあまりいませんが、沖縄ではゴルフを楽しむのに快適な気温になる冬季がトップシーズンとなるんです♪それ以外にも、沖縄ケラマ諸島の海で楽しめるホエールウォッチングや、サイクリング、ノルディックウォーキングといったアクティビティも大人気(*´∀`*)そして、沖縄は1月中旬には桜が開花し、日本で最も早く花見ができることでも有名です。海に入れなくても、冬の沖縄には冬ならではの多くの楽しみがありますよ。

沖縄の気候

沖縄は亜熱帯気候のとても暖かいところです。1年を通して平均気温と最低気温が高く、4~11月までの間は平均気温が20度を超えますが、海で囲まれているので夏でも猛暑日(35度を超える日)は観測されません。大都市の夏場の最高気温よりも低くなることがあるようです。

沖縄の冬

沖縄の冬、一番冷え込む12~2月でも最低気温は15度前後ですが、海に囲まれた沖縄は北風が強く吹きます。北風の影響で体感温度が下がり、予報よりも寒く感じることがあります。沖縄では厚手の服1枚だけに頼る寒さ対策はせずに、いつでも脱ぎ着して調節できるような重ね着スタイルをおすすめします。

沖縄での服装

沖縄に限らず、遠方への旅行で一番頭を悩ませるのは服装だと思います。日本列島は南北に長いので、気温も湿度も相当違います。服装のチョイスを間違うと、現地に行ってから困っちゃいますよね(^ー^;)自然ですので、気温や天候はその年によって若干の変動はありますが、何を着ていけば良いかの参考にして下さい(*^_^*)

1月 長袖、カーディガン、ジャケット 北風の影響で予報気温より体感温度が下がって寒く感じます。日によっては25℃近くまで気温が上がるので、ジャケットの脱ぎ着で調節できる装いがおすすめです。
2月 長袖、カーディガン、ジャケット 朝夜や悪天候時などは長袖が必須。羽織る服として風を通さないウィンドブレーカーやナイロンパーカー等を持っていけば何かと重宝。
3月 長袖、薄手のはおりもの 徐々に温かくなり、日中は半袖で過せる日もあります。軽めのジャケットやはおりもので調節できる装いがおすすめです。朝夕は肌寒いのではおりものは必ず持ち歩きましょう。
4月 半袖、長袖、薄手のはおりもの 長袖と半袖、どちらも見かけます。25℃以上の日が月の1/3をしめますが、梅雨前で比較的過しやすい時期です。
5月 半袖、薄手のはおりもの ゴールデンウイークを過ぎた頃から梅雨に入ります。25℃以上の蒸し暑い日が続くので半袖で大丈夫です。薄手のはおりものは持ち歩いた方がいいかもしれません。
6月 半袖 本格的な夏に向けて徐々に気温が高くなり、日差しも強くなりはじめます。半袖、半ズボン、サンダルのスタイルで大丈夫です。6月下旬の梅雨明け後は本格的な夏の始まりです。
7月 半袖 夏本番!紫外線対策で夏用のカーディガンやシャツを持っていると便利です。
8月 半袖 夏本番!紫外線対策で夏用のカーディガンやシャツを持っていると便利です。
9月 半袖 まだ暑さは続きます!半袖、半ズボン、サンダルで大丈夫です。紫外線対策で夏用のカーディガンやシャツを持っていると便利です。
10月 半袖、薄手のはおりもの まだまだ暑さは続きます!日中は30℃近くなり暑いので半袖、半ズボン、サンダルで大丈夫です。7~9月に比べて朝夕は気温が下がるので薄手のはおりものは持ち歩きましょう。
11月 半袖、長袖、薄手のはおりもの 徐々に気温が下がってきます。半袖と長袖、どちらも見かけます。朝夕は肌寒く感じることも。薄手のはおりものは必ず持ち歩きましょう。ブーツは一部はき始める人はいますが、暑いのでおすすめしません。
12月 長袖、カーディガン、ジャケット 冬至を境に寒くなります。北風の影響で予報気温より体感温度が下がって寒く感じます。日によっては25℃近くまで気温が上がるので、ジャケットの脱ぎ着で調節できる装いがおすすめです。

沖縄の服装まとめ

沖縄の冬は昼間は暖かいですが、天気が悪い時や朝夜は冷えるので長袖の上着が必須です。春秋は基本半袖でも大丈夫ですが、朝夜は冷える事があるので、薄手でも良いから長袖の羽織れる服を持っていけば一安心。夏は暑すぎるので半袖半ズボンじゃないと厳しいですが、日焼け対策のために薄手の長袖パーカーやカーディガン等があると便利だと思います☆

台風と沖縄

沖縄のいわゆる「台風シーズン」には、高く澄んだ爽やかな青空と透き通ったクリアな海を堪能することができます。実はこの美しさの秘密こそ、“台風”なのです。ジメジメした空気を掃除機のように一掃し、気温上昇に伴いにごりがちだった海水を入れ替えてくれるのです。また、台風前後の夕焼けは空や雲、海までも紫に染めることがあり、幻想的な風景を描き出します。敬遠される台風ですが、自然の美しさを実感させてくれるのも台風なのです(*^_^*)

台風の最も多い時期は?

台風の最も多い8月には統計上ほぼ1個の台風が毎年来ていることになりますが、ひとつの台風で観光に影響の出る日数は大抵2~3日です。飛行機が欠航するのは1~2日のみでしょう。1ヶ月間31日中2~3日。確率にして10分の1程度で、毎年8月に10回沖縄旅行をすればそのうちの1回は台風で足止めを食らうという確率です。そう考えると台風もそれほど心配する必要はないと思いますが、やはり運次第でしょうか(・∀・)

沖縄旅行の持ち物

沖縄旅行での大人・子供の持ち物を最低限まとめてみました!子供は、普段と違う環境になると体調を崩しやすくなりますので、体温計と常備薬は忘れずに持参しましょう(´∀`*)熱冷ましシートや消毒薬は現地でも調達出来るので必須ではありませんが、あると便利かな?と思います。

大人の持ち物

  • 航空券
  • ホテル予約券
  • 旅程表
  • 保険証
  • 携帯電話
  • デジカメ・ビデオ
  • 各種充電器
  • 常備薬(風邪・頭痛・胃薬など)
  • メガネ・コンタクト用品
  • 着替え
  • 水着(時期による)
  • 日焼け止め
  • 化粧品&髭剃り

子供の持ち物

  • 母子手帳
  • 健康保証
  • 常備薬(風邪や頭痛時など)
  • 体温計
  • 熱さまし用シート
  • 消毒薬
  • バンソウコウ
  • 着替え
  • お気に入り(気に入りそうな新しい)おもちゃ

赤ちゃんの持ち物(0歳~1歳)

  • 哺乳瓶
  • ミルク
  • 保温水筒
  • 授乳ケープ
  • 抱っこひも
  • 離乳食:普段食べ慣れているもの
  • スタイ:これを忘れると食事の時間がストレスになります(苦笑)
  • 大判のガーゼハンカチ:スタイの代わりにもなりますし、背中に1枚入れれば寝汗対策にもなります。また、乾きも早いので隠れた優れものです。
  • 薄手のバスタオル:おむつ替えのマット代わりやお昼寝時の肌かけ、授乳時の目隠しとしても利用できます。
  • ビニール袋(数枚):汚れた服や使ったおむつなどを入れましょう。
  • 紙おむつ・おしりふき:毎日使っている分×日数分で大丈夫です。お尻ふきは、お手ふきの代用にもなるので 新品1パックを準備しておきましょう。
  • ベビー用石鹸:赤ちゃんは肌がデリケートなので、べピー用石けんを用意しておきましょう。
  • 着替え:多めに準備しましょう

幼児の持ち物(2歳~5歳)

  • お菓子:小分けされたお菓子やジュースを準備しておきましょう。ちょっとおなかが空いてぐずった時や、ドライブ中に飽きた時などに食べさせてあげましょう!
  • おもちゃ:絵本や、貼ったり、剥がしたりできるシール本がかさばらなくておすすめです。聞き慣れた音楽を車内で流せば、移動中の退屈を緩和できます。
  • 防水ジャケット:天気の変化などを考えて、防水のジャケットなど、防寒できるものを用意しましょう。
  • おむつ・おしりふき:毎日使っている分×日数分で大丈夫です。お尻ふきは、お手ふきの代用にもなるので、新品1パックを準備しておきましょう。 キッズの場合、オムツがはずれている子でも環境が変わっておねしょをしてしまうことがあるので、心配な場合は夜用おむつを着用させてあげて下さい。また、オムツを嫌がる場合はおねしょシーツを持参しておきましょう。
  • 着替え:多めに準備しましょう
  • 水着・ラッシュガード

小学生の持ち物(6歳以上)

  • お絵かき帳や筆記用具:旅行は遊びを通じて、自然や沖縄文化に触れ合うよいチャンスです。お絵かき帳や筆記用具を携帯して思い出を書きとめさせましょう。
  • ミニ図鑑:熱帯植物や昆虫、海洋生物を紹介する小さめサイズの図鑑があると、沖縄がより身近に感じられるのでおすすめです。
  • 防水ジャケット:天気の変化などを考えて、防水のジャケットなど、防寒できるものを用意しましょう。
  • 水着・ラッシュガード
  • 着替え